Speakers: Yoichiro Takehora

  • Yoichiro Takehora: レスポンシブデザイン前提のWordPressの表示速度高速化の考え方

    Yoichiro Takehora: レスポンシブデザイン前提のWordPressの表示速度高速化の考え方

    WordCamp Tokyo 2016Speaker: Yoichiro Takehora

    October 27, 2016 — 今や、Webサイトのアクセスの半分以上がスマートフォン経由となり、その画面表示に対応すべくレスポンシブデザインが広く普及してきており、WordPressがそのCMSとして使われるようになっています。

    Webページの表示速度と可用性は、快適なユーザ体験を提供するために重要なWebサイトの品質です。欧米においては、表示開始時間0.5秒、表示完了時間が2秒以内と、過去に言われていた3秒ルールよりも速さが求められています。
    この数値を達成するためには、WordPressだけの高速化だけを考えるのではなく、ネットワークやWebブラウザでの処理、サードパーティコンテンツを含めた全体最適化が必要になります。このセッションでは、WordPressで高速化するための考え方について解説します。

    Presentation Slides »