Ryo Yamasaki, Toro_Unit (Hiroshi Urabe): 変わりゆくブロックエディターにどうすれば対応していけるのか×ブロックエディターを用いたWEBサイト開発とカスタムフィールドのあり方を考える。

Continue the discussion

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Published

July 5, 2021

テーマやプラグインを開発してみたいけど、変化の激しいブロックエディター時代にどうやって対応していけばいいのか。どうすれば最新の情報をキャッチアップしていけるのか。ということについて、実際にブロックエディター対応テーマやプラグインを複数制作している経験からお伝えできればなと思っています。

WordPress にブロックエディターが搭載されて2年半。カスタムブロックの開発によって、ウェブサイト開発の様子は様変わりしたように感じます。 しかし、今まで大量のカスタムフィールド用いてきたやり方が、全てカスタムブロックに置き換わるわけでもありません。 これからもブロックエディターと付き合って行くために、 ブロックエディターを活用したサイトを作り続ける中で考えてきたこと・困りごと・現状の課題感、制作したブロックの話、ブロックエディターが解決したこと、しなかったことなどを共有し、一緒に悩んでいければと思います。

ブロックエディターを用いたWEBサイト開発とカスタムフィールドのあり方を考える。/Toro_Unit: https://speakerdeck.com/torounit/wordcamp-japan-2021

Presentation Slides »

Rate this:

Event

WordCamp Japan 2021 28

Speakers

Ryo Yamasaki 1
Toro_Unit (Hiroshi Urabe) 4

Language

Japanese/日本語 372

Download
MP4: Low, Med, High
Subtitles
Subtitle this video →
Producer
%d bloggers like this: