Speakers: Hiromu Hasegawa

  • Hiromu Hasegawa: 運用保守を効率化するために、WordPressを静的化した話

    WordCamp Japan 2021Speaker: Hiromu Hasegawa

    July 5, 2021 — WordPressはPHP / MySQLを使って動的にコンテンツを表示するCMSです。
    記事や見た目の更新を直ぐに反映できることや、ユーザー・アクセスに応じてコンテンツを出し分けることができるなどのメリットがある反面、サーバーや各種プログラム・プラグインを保守管理する必要があります。一方Jamstackなどの静的化したサイトを公開する方法では、静的化後のサイトに対する保守管理コストが大きく下がる反面、ある程度プログラミングスキルがないとサイトの更新が難しくなるケースがある問題があります。

    このセッションでは、実際の案件を紹介しつつ、どのようなケースで我々がWordPressを静的化することを選択し、また従来通り動的に運用することを選択したのかについて紹介します。

  • 長谷川広武: 運用も最大限考慮!コーポレートサイトでブロックエディタフル活用の事例紹介

    WordCamp Osaka 2019Speaker: Hiromu Hasegawa

    December 21, 2019 — ブロックエディタがリリースされる前の2018の秋口から、リリース後すぐの2019年年明けにかけて、大きめのコーポレートサイトをブロックエディターのフル活用 & カスタマイズを駆使して実装しました。複数の種類の投稿でも、それぞれ運用までも考慮したブロックエディタのカスタマイズを行っている事例です。
    クライアントワークにおけるブロックエディタを使った実装の際に、どのように設計をしたらよいのか、どのような点が実装時に難しいのかなど、実際のコーポレートサイトリニューアルを例にご紹介します。

    Presentation Slides »

  • Hiroshi Urabe, Hiromu Hasegawa: その設計大丈夫?無理のないWordPressの設計と構築を考える

    WordCamp Tokyo 2017Speakers: Hiroshi Urabe, Hiromu Hasegawa

    October 4, 2017 — WordPress の案件を様々体験している二人が、どんな実装の依頼をうけて、してどう乗り切っていったのか、実体験の話と、何が問題でどう解決しようと試みたかなど、設計中心にお話します。

    二人がかんがえる、無理のない設計とは?

    Presentation Slides »

  • Hiromu Hasegawa: デザイナーが効率よくテーマ作成を進めるには?デザインから WordPress のテーマ作成のワークフローを見直す

    WordCamp Tokyo 2016Speaker: Hiromu Hasegawa

    October 11, 2016 — みなさんは、WordPressのテーマを作成する際に、どのようなワークフロー(制作手順)でコーディング・構築・テーマ作成を進めますか?
    制作する人や会社のスキルや方法によって、様々なワークフローがあります。

    既存のテーマを元にデザインのスタイルをつける。
    テーマ作成とともにデザインのコーディングをまとめて行う。
    静的にコーディングをしてからテーマ作成を進める。

    どのケースにおいてもメリット・デメリットがあるため「この方法が最強!」という答えはないですが、実際にみなさんが採っているワークフローは、スキルレベルや制作の体制なども考慮して、効率的と言えますか?

    このセッションでは、今一度、デザインから WordPress のテーマ作成のワークフローを見直し「どのように進めたら効率的か」を考えてみましょう。

    Presentation Slides »